報道関係者各位
プレスリリース

UMLモデリングツール「Enterprise Architect」の利用事例 紹介セミナー開催のお知らせ

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県横浜市:代表取締役 河野 岳史)は、2017年2月10日に、東京国際フォーラムにてUMLモデリングツール「Enterprise Architect」の利用事例 紹介セミナーを開催いたします。

■ 製品概要とセミナー開催の背景

弊社製品「Enterprise Architect」は、主にUMLやSysMLを利用したモデリングのためのモデリングツールです。日本では2003年から販売し、国内累計で約43,000ライセンスの販売実績がございます。Enterprise Architectはオーストラリアで開発されており、全世界での販売実績は約400,000ライセンスです。さまざまな業界・製品の設計開発やビジネスモデリングに利用されています。

海外・日本を問わず、利用者の具体的な利用事例を知ることのできるセミナーについて、多くの開催希望がございます。海外では、ヨーロッパ・北米で「ユーザーフォーラム」として事例を周知共有するセミナーが定期開催されています。日本国内では、今までこうしたセミナーの開催はございませんでした。

今回、スパークスシステムズ ジャパン主催で、Enterprise Architectの事例セミナーを開催いたします。既に製品を利用している方だけでなく、製品利用にご興味がある方の参加も可能です。

■ 基調講演

今回のセミナーの基調講演として、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の舟生様をお迎えし、宇宙機開発におけるモデルベースシステムズエンジニアリング (MBSE) の導入と、モデリングツールを利用することで品質と生産性の向上を実現する研究についてご講演頂きます。

■ 利用事例紹介

実際の現場の利用事例として、組込みソフトウェアの分野からは日本精工株式会社(NSK)様の取り組みを高橋様より、業務システムの分野からは神奈川県住宅供給公社様の取り組みを笹沼様よりご紹介いただきます。さらに、海外での利用状況の紹介として、オーストリアのウィーンに本社を置くLieberLieber社のCTO Roman Bretz氏を招き、欧州の自動車業界等におけるEnterprise Architectの利用状況や、現場での問題とその解決策についてご紹介いただきます。

■ セミナー申し込み要領

参加費: 無料

お申し込み: 下記URLよりお申し込み下さい。
http://www.sparxsystems.jp/seminar/20170210.htm
(お申し込みの締め切りは 2017年2月3日 です。)

■ 日程・会場

2017年2月10日(金) 14時〜17時30分 (13時30分受け付け開始)
東京国際フォーラム 会議棟 (東京都千代田区)

■ 会社概要

会社概要はこちらをご覧ください。

■ このプレスリリースについてのお問い合わせ

広報担当 河野(コウノ)
E-mail:info@sparxsystems.co.jp

※本広報資料はご自由にご転送・ご引用ください。